メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

経済学賞に米の2氏 気候変動や技術革新巡り

2018年のノーベル経済学賞を発表するスウェーデンの王立科学アカデミーのメンバー=スウェーデンのストックホルムで8日、AP

 【ロンドン三沢耕平】スウェーデン王立科学アカデミーは8日、2018年のノーベル経済学賞を、ウィリアム・ノードハウス米エール大教授(77)とポール・ローマー米ニューヨーク大教授(62)の2人に授与すると発表した。気候変動やイノベーション(技術革新)がマクロ経済に与える影響を分析した功績が評価された。

 アカデミーは授賞理由について「2人は持続可能な経済成長をどう創造していくかという現代社会の最も基本的かつ切迫した問題に取り組んだ」と説明し…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文550文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  2. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 土砂崩れ、川の大部分せき止められ水田に水あふれ出る 山形・鶴岡 新潟震度6強
  5. 負の連鎖断ち切る 児童虐待 親支援で再発防止

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです