メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界バレー

日本女子、プエルトリコに勝利 2次リーグ

 バレーボール女子の世界選手権は第8日の8日、名古屋市のガイシプラザなどで2次リーグがあり、世界ランキング6位の日本は同13位のプエルトリコにストレート勝ちして6勝1敗となった。日本は安定したレシーブから奥村麻依(ナコンラチャシマ)と荒木絵里香(トヨタ車体)の速攻など多彩な攻撃を仕掛け、ミスの目立ったプエルトリコを圧倒した。2次リーグは16カ国・地域が2組に分かれ、各組3位までが3次リーグに進出する。日本は9日は試合がなく、10日に2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルのセルビアと対戦する。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです