メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

NHK登場「昭和元禄落語心中」は大河ドラマだ 与太郎役・竜星さんに期待

昨年開かれた「昭和元禄落語心中寄席」のチラシ

 雲田はるこさん原作で、マンガもアニメも大好評だった「昭和元禄落語心中」。まさに待望のドラマ化だ。12日からNHK総合テレビで金曜午後10時に放送される。

 どんなマンガなのか、あらすじは? といったところは、公式ホームページなどで詳しいので、ここでは割愛するけれど、落語ファン向けではなく、落語を知らない若者世代をも落語の魅力に引き込んでしまうほどの力を持つ、この作品の見どころを3点ほど挙げたい。

 (1)「昭和元禄落語心中」は、落語をテーマにした「大河ドラマ」

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1042文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです