メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

浅草で丸1日、豪華浪曲大会を楽しみたい 三楽、小柳丸襲名も 11日開催

五代目東家三楽を襲名する日本浪曲協会会長の富士路子さん(右)と、四代目港家小柳丸を襲名する東家若燕さん=東京都台東区の木馬亭で5月28日、油井雅和撮影

 2年近く前に「力を付けてきた講談、浪曲のブームが起きるかもしれない」と予想したのが、だんだんとその流れになってきた。

 講談は、8月にこのコーナーで紹介した神田松之丞さん、浪曲は玉川奈々福さんや春野恵子さんが新たな客を集め、後輩たちも先輩に負けじと頑張っている。

 さて、その浪曲がたっぷり楽しめる年の1度の「オールスター」、業界では顔見世公演と呼ぶが、その名も「豪華浪曲大会」が、11日午前11時から、東京・浅草公会堂で開かれる。

 何が豪華かと言えば、午前11時から午後7時前まで、たっぷり約8時間、ベテランから若手まで計25人が次々に登場するのだ。

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1398文字)

油井雅和

東京本社ウェブ編成センター記者。東京生まれ。早大卒。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国軍機、台湾識別圏進入 異例の28機 米、圧力停止を要請

  2. インド農民、デモ2カ月 自由化反対、打開策見えず

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです