メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『新復興論』小松理虔・著

揺れる心を包み隠さずきれいごとを廃する

◆『新復興論』小松理虔・著(ゲンロン/税別2300円)

「福島県は、震災後、急速に『まじめなこと』をしなければいけなくなった」

 ぐっと横に長い福島県は、三つの地域から成る。太平洋側から、浜通り・中通り・会津。それらが三つの県に分かれていたとしても疑問は抱けないなというほど、気候が異なる。ざっくりいうと、温暖な海っぺり、県庁のある盆地、雪深い米どころ、と。それにより人の気質も違ってくる。

 『新復興論』は、いわき市の小名浜という港町に生まれ、今もそこに暮らし「ローカルアクティビスト」と名乗る小松理虔(りけん)さんが、「浜通り通信」というタイトルで2014年より続けていた連載が基になっている。そのページの1/3以上を「食」の話が占める。福島第一原子力発電所沖に船を出して釣りをするツアーをはじめたわけ。かまぼこメーカーに勤めていたあいだのこと。福島産品を避けたがる人との付き合いかた。

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです