メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『新復興論』小松理虔・著

揺れる心を包み隠さずきれいごとを廃する

◆『新復興論』小松理虔・著(ゲンロン/税別2300円)

「福島県は、震災後、急速に『まじめなこと』をしなければいけなくなった」

 ぐっと横に長い福島県は、三つの地域から成る。太平洋側から、浜通り・中通り・会津。それらが三つの県に分かれていたとしても疑問は抱けないなというほど、気候が異なる。ざっくりいうと、温暖な海っぺり、県庁のある盆地、雪深い米どころ、と。それにより人の気質も違ってくる。

 『新復興論』は、いわき市の小名浜という港町に生まれ、今もそこに暮らし「ローカルアクティビスト」と名…

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文889文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです