メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

戸田恵梨香 ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」ヒロイン・北澤尚役 日常の幸せを感じて

 12日スタートの連続ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」は、若年性アルツハイマーを患う産婦人科医、北澤尚(戸田)と、自分を忘れていく恋人を支える元小説家、間宮真司(ムロツヨシ)のラブストーリー。脚本家、大石静のオリジナルで、「今までで一番難しい役」と語る。

 尚は元々、何事も理論的に考えるドライな性格。お見合いで知り合った婚約者で医師の井原侑市(松岡昌宏)がいたが、真司と出会い恋に落ちると、真っすぐに真司に突っ走っていく。「これまで理論的に物事を考え生きてきた尚が、真司と出会って内に秘めていた熱い感情を知る一方で少しずつ記憶を失う。発見と喪失を同時に体現する、経験したことのない難しさ」と打ち明ける。

 そんな難役に向き合う姿勢は、撮影現場でも垣間見えた。リハーサルで演技を繰り返しながら「これでは前後のシーンとつじつまが合わない気がする。こうしてはどうか」とディレクターたちと意見を戦わせた。脚本のト書きやセリフから真意を探し、“尚”の像を話し合いながら作ろうとしていた。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文851文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 賭けマージャン「黒川氏と同レート」の自衛隊員は「停職」 法務省「参考にせず」

  2. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  3. 砥部焼でアマビエ にっこり表情豊かに 愛媛の絵付け職人「和んでほしい」

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです