メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

部活動指針

高崎市スルー 市教委「実態に応じ柔軟に」 現場「土日練習、朝練従来通り」 /群馬

 週2日以上の休養日、朝練は原則禁止--。中学の部活動時間が今年度から大きく変わった。教員の負担軽減のため国や県教委が休養日などの方針を示し、県内35市町村のうち高崎市以外はおおむね方針通りに運用している。なぜ高崎市は独自路線を取っているのか。【鈴木敦子】

 スポーツ庁は今年3月、運動部活動に関するガイドライン(指針)を公表した。柱は、土日のいずれかを含む週2日以上の休養日▽活動時間は平日2時間、休日3時間程度。県教委が4月に示した方針はこれに「朝練の原則禁止」を加え、文化部にも適用した。土日に大会や練習試合が入った場合は平日に代休をとるなど柔軟な対応を求めた。

 高崎市以外の34市町村教委は、県教委の方針をほぼ踏襲したガイドラインを作成し、多くの中学で既に運用…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1189文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 座間事件 「後悔はある。もっと遊びたかった」 9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  4. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです