メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

繊細な美しさ 切り絵アート展 茨城・しもだて美術館 /東京

 国内を代表する現代の切り絵作家11人の作品を一堂に集めた「息を呑(の)む繊細美 切り絵アート展」を茨城県筑西市のしもだて美術館で開催中です。

     一口に切り絵といっても、昔ながらの黒い紙を切り抜いたモノトーンの作品から、照明を当てることで紙芝居のように別の画面に変化する作品、はさみ一丁で神業的な極細の線を生み出した作品など多種多様。ドラマチックな物語や空想の世界を描いたものや、素朴な風景を描いたものなど、作家それぞれの個性あふれる作品110点を展示しています。

     見る人を一瞬にして異空間に導く切り絵の世界をお楽しみください。

            ◆

     11月4日には、出品作家の蒼山日菜(あおやまひな)さんによる、切り絵実演会・ギャラリートーク・サイン会が開かれます。実演では、美しく繊細なレース切り絵をハサミのみで切り出します。

     <出品作家>蒼山日菜、井出文蔵、酒井敦美、関口コオ、辰己雅章、筑紫ゆうな、倪瑞良(にいみずよし)、林敬三、百鬼丸(ひゃっきまる)、福井利佐、柳沢京子

     <会期>12月16日(日)まで。月曜休館。入館時間は午前10時~午後5時半

     <会場>しもだて美術館(茨城県筑西市丙372、アルテリオ3階 JR・関東鉄道・真岡鉄道下館駅下車8分)

     <入館料>一般700円、団体(10人以上)650円、高校生以下無料

     <問い合わせ>同館(0296・23・1601)

     主催 しもだて美術館

     企画協力 毎日新聞社 協力 協同組合日専連しもだて

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
    2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
    3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
    4. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄
    5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです