メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外宮迫さんら処分撤回 吉本興業社長が表明
青春映画

加古川舞台に ロケ地探し、脇役…地元民も参加 13日から元町映画館 /兵庫

兵庫・加古川を舞台にした映画「36.8℃」の一場面 (C)映画24区

 加古川市を舞台に、女子高生の青春模様を描いた映画「36・8℃ サンジュウロクドハチブ」が13日から、神戸市中央区の元町映画館で上映される。脇役からエキストラまで市民約100人が参加し、特産品もたくさん登場。メガホンを取った安田真奈監督(48)=大阪府茨木市、写真=は「街の魅力を再発見してほしい」と話す。【反橋希美】

 主人公は17歳の若菜。恋人と同じ大学を目指していたが、関係は自然消滅し、進路に悩む。仲の良い女友達…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文844文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  3. エンタメノート 「吉本が悪い」果たして本当か 宮迫さん・亮さんの涙もう見たくない
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. 松本人志さん、吉本社長に会見必要と訴える テレビ生放送で明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです