特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋の高校野球

県大会 英明・高松商・志度・寒川 4強出そろう /香川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【英明-尽誠学園】三回表英明1死二塁、黒河が適時二塁打を放ち先制=高松市生島町のレクザムスタジアムで、潟見雄大撮影 拡大
【英明-尽誠学園】三回表英明1死二塁、黒河が適時二塁打を放ち先制=高松市生島町のレクザムスタジアムで、潟見雄大撮影

 秋季四国地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞高松支局後援)は8日、レクザムスタジアム(高松市生島町)とレクザムボールパーク丸亀(丸亀市金倉町)で準々決勝4試合があった。英明、高松商、志度、寒川がそれぞれ勝利し4強入りを決めた。準決勝はレクザムスタジアムで13日にある。【潟見雄大】

 ▽準々決勝

【レクザムスタジアム】

英明

  001202010=6

  000100000=1

尽誠学園

 (英)黒河-豊島

 (尽)川合、石本、仲村-永尾

▽二塁打 黒河2、福村(英)堀(尽)

 英明が快勝。三回、前田の左前打などで好機を作り黒河の適時二塁打で先制。六回は住友の適時打などで突き放した。先発・黒河は要所を締め11奪三振で完投。尽誠学園は相手と同じ10安打も、打線がつながらなかった。

小豆島中央

  0100000=1

  1003022=8

高松商

 (七回コールド)

 (小)須浪拓、本多-中西

 (高)中塚-新居

▽二塁打 本多、友永(小)飛倉2、谷口(高)

 高松商がコールド勝ちした。四回、篠原の犠飛と飛倉、大塚の連続適時打で勝ち越し。七回は1死満塁から飛倉の適時二塁打で試合を決めた。先発・中塚は四死球0の完投。小豆島中央は二回に追いつくも投手陣が崩れた。

【レクザムボールパーク丸亀】

志度

  006100020=9

  000000223=7

大手前高松

 (志)開-馬場

 (大)吉田、小野、蓮井、高橋-大平

▽三塁打 長尾、井上(大)

▽二塁打 開、馬場(志)草薙(大)

 志度が逃げ切った。三回、開の適時二塁打など6本の長短打で一挙6得点。八回には古市の適時打などで突き放した。先発・開は7失点も175球を投げ切った。大手前高松は七回から反撃するもあと一歩及ばなかった。

寒川

  102500000=8

  000002000=2

香川中央

 (寒)千葉-高野

 (香)稲木友、稲木光-大家

▽三塁打 保井(寒)

▽二塁打 平井(寒)

 寒川が優位に試合を運んだ。四回、保井の適時三塁打など打者一巡の猛攻で突き放した。先発・千葉は打たせて取る投球で完投。野手も3併殺を完成させもり立てた。香川中央は六回に2点を返すも4失策と守備が乱れた。

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする