特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

高校野球

九州地区大会 熊本・熊本国府、宮崎・日章学園、鹿児島・神村学園が優勝 /熊本

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 第143回九州地区高校野球熊本、宮崎、鹿児島各大会は8、9日、決勝があった。

13安打、競り勝つ

 熊本大会は、熊本国府が11-9で熊本西を降し7季ぶり3回目の優勝を果たした。熊本国府は中軸を中心に計13安打を記録。粘る熊本西に競り勝った。

先制し完封勝ち

 宮崎大会は、日章学園が小林西を4-0で降し11季ぶり9回目の優勝を決めた。一回に先制した日章学園はその後も着実に加点し、完封勝ちを収めた。

13安打で圧倒

 鹿児島大会は、神村学園が鹿屋中央を6-0で降し2季ぶり12回目の優勝となった。神村学園は四回無死満塁から2点を先取。その後も本塁打などで加点し計13安打で圧倒した。

 来春のセンバツ出場の参考となる九州大会は20~25日、熊本県で開かれ、各大会で決勝に進んだ2校が出場する。【清水晃平、田崎春菜、林壮一郎】


  <熊本大会>

 ▽決勝(8日)

熊本西

  021000600=9

  00254000×=11

熊本国府

 (西)霜上、白石、瀬上、中山、霜上-伊藤

 (国)斎藤、田中、斎藤-竹林

▽二塁打 堺、中本(西)

  <宮崎大会>

 ▽決勝(9日)

小林西

  000000000=0

  10001011×=4

日章学園

 (小)島田、大城-高橋

 (日)寺原-深草

▽二塁打 宮城、比嘉(小)森永、金子(日)

  <鹿児島大会>

 ▽決勝(9日)

神村学園

  000202011=6

  000000000=0

鹿屋中央

 (神)桑原、仲間-松尾将

 (鹿)福地-新有留

▽本塁打 松尾将(神)

▽三塁打 田中大、田中天(神)

▽二塁打 山本、福地(鹿)

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする