メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

採用指針

経団連、廃止決定 21年入社まで実質継続

 経団連は9日、正副会長会議を開き、会員企業向けに示してきた会社説明会や面接の解禁時期などを定めた採用指針(就職・採用活動のルール)について、2021年春入社の大学生(現在の2年生)から廃止することを正式に決めた。20年春入社までは現行の採用指針を適用する。1953年に始まった「就職協定」以来の新卒採用活動の「目安」はいったん廃止され、今後は政府主導で新たなルールを検討する。政府は21年春入社の新卒者については、混乱を避けるため、現行ルールを実質的に維持する方針だ。

 中西宏明会長は記者会見で「ルールを作って徹底させるのは経団連の役割ではない」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文654文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 猫連れ去り 盗まれた飼い主「大切な家族失った」 憤り隠せず
  4. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  5. 詐欺 岐阜大発注装い、温水便座を詐取 容疑の職員再逮捕 /岐阜

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです