メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

採用指針

経団連、廃止決定 柔軟な採用、課題山積 学生・中小、長期化を懸念

新卒の採用活動、こう変わる

 経団連が9日、企業の採用日程を定めた指針の廃止を正式に決めたことで、今後の焦点は、政府主導で検討される2021年春入社以降の新たな就活ルールづくりに移る。国際的な人材獲得競争が激化する中、指針は形骸化が指摘されてきた一方、学生にとっては就活時期の目安として機能してきた面もあり、丁寧な議論が求められる。【横山三加子、水戸健一】

この記事は有料記事です。

残り1571文字(全文1735文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 夜の表参道そぞろ歩き マクロン仏大統領夫妻
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです