メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第2部 この場所/9 衆院滋賀2区 政治改革、立役者の地元 人のつながり希薄に

武村正義さん

減り続ける町内会、共助

 稲穂が涼やかな風に揺れながら収穫の時を待っている。その脇を清流が流れ、やがて琵琶湖へ注ぐ。平成の時代、滋賀県東部のこの地は、日本の政治改革の起点の一つとなった。

 「川普請、道普請と言いましてね。滋賀では町内の主な川や道で補修が必要な時は、みんなスコップ持って出てくるんですよ」。そう語る武村正義さん(84)は同県玉緒村(現東近江市)出身。自民党を飛び出して結党した新党さきがけは、1993(平成5)年の衆院選で13議席を獲得、武村さんは日本新党などとの細川護熙・非自民連立政権樹立の立役者となった。

 「55年体制」を終わらせた政界再編は「金権政治」への反省から始まった。武村さんは74年から県知事を…

この記事は有料記事です。

残り2039文字(全文2350文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. センバツ「21世紀枠」候補9校を発表 釧路湖陵、八尾など
  5. 東名あおり 強固な犯意「常軌逸している」 懲役18年判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです