特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 久保利明王将-羽生善治竜王 第14局の6

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

うまいタイミング

 [後]5六飛(図)が[後]2五桂からの詰みを狙っていることは明らか。敵の打ちたいところに打てで、[先]2五金と打てば詰めろ逃れの詰めろになるが、[後]1三桂や[後]3三桂が攻防手となり後手勝勢だ。

 久保は[先]3六金と打って詰めろを受けたが、ここで[後]5三金と成香を外したのがうまいタイミングで後手勝勢がハッキリした。感想戦では図から[先]4二金[後]3三玉[先]2五金(参考図)が勝負手だったのではないかと検討された。参考図から(1)[後]2四歩なら[先]4三成香[後]2三玉に[先]3九角と銀を取る妙手があって逆転するのだが、(2)[後]1六飛!と切る鬼手があり、以下[先]同玉[後]1五飛[先]2六玉[後]2五…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文797文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集