メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国会改革

自民若手座談会/上 国会の機能回復を

加藤鮎子議員=東京都千代田区で2018年10月9日、根岸基弘撮影

 先の通常国会では森友学園や加計学園問題の一方で、国会の政策論議を深める仕組み作りを目指す機運も高まった。臨時国会を前に、国会改革に取り組んできた「2020年以降の経済社会構想会議」の自民党若手議員4人に聞いた。【司会は政治部長・佐藤千矢子、写真は根岸基弘】

 --なぜ国会改革に取り組もうと思ったのでしょうか。

 村井英樹氏 平成は小選挙区制度の導入や内閣機能の強化があり、官邸主導の仕組みが定着してきた。しかし国会側の改革は残されている。

この記事は有料記事です。

残り1590文字(全文1809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  4. 米グーグルを集団提訴 ブラウザー利用者「シークレットモードで履歴収集」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです