メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア地震

死者2000人超す 「重機作業、数日だけ」 捜索縮小に怒り

液状化で大きな被害が出たバラロア地区の現場=中スラウェシ州パルで2018年10月8日、小泉大士撮影

 【パル(スラウェシ島中部)小泉大士】インドネシア・スラウェシ島で9月28日に発生した地震と津波で、インドネシア国家防災庁は9日、死者数が2000人を超えたことを明らかにした。同国政府は11日で大規模な捜索活動を終了する方針だが、多数の犠牲者が依然がれきや泥の下に埋まったままでいるとみられ、行方不明者の家族の間には、怒りやあきらめの気持ちが交錯している。

 同庁は9日、死者数を2010人、特定できた行方不明者を671人と発表。しかし同庁は、液状化の被害が…

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

  4. 織田信成さんが関大コーチを提訴「悪弊へ一石投じる思い」

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです