メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル大統領選

決選投票へ 極右候補有利な情勢

ボウソナロ下院議員=AP

 【サンパウロ山本太一】ブラジル大統領選が7日、実施され、首位の極右、社会自由党のジャイール・ボウソナロ下院議員(63)と2位の左派、労働党のフェルナンド・アダジ元教育相(55)が28日の決選投票に進むことになった。各種世論調査によると、決選投票でもボウソナロ氏がやや有利な情勢だ。選挙管理当局によると、得票率はボウソナロ氏が46%、アダジ氏が29%。得票率トップが過半数に達しなかったため決選投票となった。

 ボウソナロ氏は続出する汚職の一掃を訴え、収賄罪で収監中の労働党のルラ元大統領(72)を繰り返し非難…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. 春の叙勲 令和初、4225人が受章
  3. 大きな虹 福岡の空に
  4. 中国、ファーウェイを全面支援 官民一体で米に反発
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです