メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

四半期業績開示は近視眼的か=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 上場会社は四半期ごとの業績開示を義務付けられているが、最近米国ではその在り方について論議が起きている。

 米国トランプ大統領のつぶやきが事の発端だったので、若干興をそがれるが、業績開示の在り方を継続的に見直すことは大事なことである。

 四半期開示をめぐる問題点の第一は、会計処理上の負担である。四半期ごとに経営業績や財務状況を開示するためには、年度決算時に近い作業量をこなす必要がある。

 ただし、昨今のITの進化のおかげで財務面の計算処理は著しく高速化した。中小中堅企業の負担感には留意する必要があるが、グローバルに活動する大手上場企業にとっては、それほどの負担にはならない。むしろ、世界中で生じた出来事を直ちに財務データで確認できないようではビジネスになるまい。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです