メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

吉光徹雄さん=小惑星探査ロボットを開発した

 3億キロのかなた、小惑星リュウグウにいる重さわずか1キロの探査ロボットから、世界初の写真が届いた。ロボットがホップしながら、小惑星の地平線をとらえた画像は、ぶれているが躍動的。しかし、「表面をきれいに撮りたいので、自分的には今ひとつ」と冷静に受け止めている。

 先代の小惑星探査機はやぶさで「ロボットを作らないか」と声がかかった。目指したのは、重力がほとんどない小惑星上を移動する探査ロボット。細部までこだわり、粘り強く実現へ導く力は「ハンパない」(同僚)という。研究が佳境に入れば、「話しかけられても返事もしない。良い物を作りたいから」…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです