メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

交通事故障害者

介護、「親なき後」補助倍増へ 国交省方針、施設人件費など

 交通事故の被害者救済策を担う国土交通省は、親の老齢化などで、重い障害を負った子の介護が困難になる「親なき後」問題への対策を強化する。

 介護する家族に「子の受け入れ先がない」との不安が強いためで、交通事故で重い障害を負った患者が入居(所)するグループホーム(GH)と障害者支援施設を対象に、職員の人件費などを補助する事業費を倍増させる方針だ。

 国交省は6月、交通事故による重度障害者を在宅介護する4637人にアンケート調査を行い、2291人か…

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです