メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解説

「2度目標、不十分」根強く 平均気温抑制強調 IPCC報告書

ツバルの首都フナフティにある集会場。満潮が近づくにつれ、1時間ほどで浸水し始めた=2008年3月、田中泰義撮影

 地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」が、産業革命前からの世界の平均気温上昇を2度までに抑える目標を掲げているのに対し、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は1・5度上昇に特化した報告書をまとめた。背景には、既に海面上昇などのリスクにさらされる島しょ国などから「2度目標では不十分だ」との意見が根強くあるからだ。

 特別報告書では1・5度に抑制するための具体策を初めて例示。化石燃料を大量に燃やす経済活動を続けなが…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文746文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 近畿、北陸、四国、九州で梅雨明け
  3. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです