メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ大会

2018・ジャカルタ 「幸せの国」から東京目指す ブータン、2選手初出場

女子エアライフル立射(運動機能障害)でアジアパラ大会に初出場したブータンのキンレイ・デム(右)=大会組織委員会提供

 【ジャカルタ成田有佳】ジャカルタ・アジアパラ大会に、国を挙げて障害者スポーツの普及を目指す「幸せの国」ブータンが、初めて参加した。昨年国内組織ができたばかりだが、今大会にはアーチェリーと射撃に男女計2選手が出場。2年後の東京パラリンピック出場を目指している。

 8日に行われた射撃の女子エアライフル立射(運動機能障害)には、キンレイ・デム(24)が出場した。

 緊張感もあって十分に力を発揮できず、結果は14選手のうち最下位。「練習ではもっと良い点数を出せてい…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. 修学旅行の高校生ら130人が集団食中毒か 福岡からスキー研修で新潟へ

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです