メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
きょうのセカンドオピニオン

脊柱側湾症の小1、注意点は=答える人・松本守雄教授(慶応大医学部・整形外科)

松本守雄教授 慶応大医学部(整形外科)

 Q 脊柱側湾症の小1、注意点は

 小1男子。学校の内科検診で、軽度の側湾症と診断されました。年に1度のレントゲン検査を勧められましたが、日常生活での注意点はありますか。内股は関係がありますか。(北九州市、女性、69歳)

 A 日常生活に制限なし

 側湾症とは脊椎(せきつい)がねじれるように曲がる病気で、進行すると腰背部痛や呼吸機能の悪化が起きることがあります。先天的なものや他の病気によるものもありますが、多くは原因が特定できない特発性です。10歳以降で発症する晩期側湾は女子に多く、日本人の2%にみられます。10歳未満で発症する早期側湾は男子に起こることも珍しくありません。6歳ぐらいだと自然に治ることもありますが、悪化することも多いため、3~6カ月ごとに経過を見る必要があります。

 重症度は脊椎の傾きを表す「コブ角」で判定します。コブ角25度以上でコルセット装着、40度以上では、…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文883文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです