メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

ヤクルト・山田哲、トリプルスリー達成 12回目、自身3度目

3度目のトリプルスリーを達成し、花束を受け取るヤクルトの山田哲=神宮球場で2018年10月9日、玉城達郎撮影

 ヤクルトの山田哲人内野手(26)が9日、同一シーズンで打率3割、30本塁打、30盗塁以上の「トリプルスリー」を達成した。2015、16年にも成し遂げており、2年ぶり3度目で、プロ野球史上では12回目。達成者10人の中で、山田哲がただ一人、複数回達成している。ヤクルトは同日のDeNA戦(神宮)でレギュラーシーズンの全日程を終了し、山田哲の最終成績は打率3割1分5厘、34本塁打、33盗塁。3度目の盗塁王も確実にしている。

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文737文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  3. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  4. Hey! Say! JUMP有岡さん「アイドル界の池上彰さん目指す」 新連載で
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです