メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ大会

2018・ジャカルタ 第3・4日 女子走り幅跳び 中西が金

女子走り幅跳び(義足など)で優勝した中西=久保玲撮影

 【ジャカルタ谷口拓未】ジャカルタ・アジアパラ大会第4日は9日、陸上女子走り幅跳び(義足など)で世界選手権銅メダリストの中西麻耶(うちのう整形外科)が、5メートル44で金メダルに輝いた。陸上男子200メートル(義足など)の佐藤圭太(トヨタ自動車)は23秒87で優勝した。

 車いすテニスの男女シングルス準々決勝では、国枝慎吾(ユニクロ)が韓国選手を降し、上地結衣(エイベックス)は中国選手に勝った。バドミントン女子シングルス(上肢障害SU5)の鈴木亜弥子(七十七銀行)は、リーグ戦初戦でストレート勝ち。車いすバスケットボール男子1次リーグで日本は2連勝。

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  4. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです