メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

採用指針

経団連、就活ルール廃止決定 政府主導で議論へ

 経団連は9日、正副会長会議を開き、これまで会員企業向けに示してきた会社説明会や面接の解禁時期などを定めた採用指針(就職・採用活動のルール)について、2021年春入社の大学生(現在の2年生)から廃止することを正式に決めた。20年春入社までは現行の採用指針を適用する。1953年に始まった「就職協定」以来の新卒採用活動の「目安」はいったん廃止され、政府主導で新たなルールを検討する。政府は21年春入社の新卒者については、混乱を避けるため、現行ルールを実質的に維持する…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文581文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです