メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

今から4Kテレビ買う人、「チューナー内蔵マスト」! 東芝&三菱電機の2モデルを徹底ジャッジ(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

12月1日の「新4K衛星放送」スタートへ向けて、同放送に対応するチューナーを内蔵するテレビや、単体チューナーが続々登場しています。今回は前・後編に分けて、チューナー内蔵タイプと外付けタイプのそれぞれでベストバイを判定。前編では内蔵タイプについて判定します。

 

内蔵タイプとは、新4K衛星放送を受信できる専用チューナーをテレビ本体に内蔵したモデルのことで、配線の煩わしさがなく、設置性に優れる点もメリット。東芝に続いて、三菱電機からも登場しています。

※テレビのサイズ/質量はスタンドを含む数値

 

【ジャッジする人】

AV評論家

藤原陽祐さん

新聞記者、専門誌編集を経て独立。本誌でのテスト企画をはじめ、専門誌など幅広い媒体で精力的に活躍しています。

 

ほとんどの現行4Kテレビでは別体チューナーが必要

12月1日、「新4K衛星放送(新4K8K衛星放送)」がいよいよ始まります。テレビ放送業界においては、2011年の地上デジタル放送完全移行以来の大きなトピック。しかしながら、すでに4Kテレビを愛用しているユーザーでも、正しい視聴方法を理解している人は多くないかもしれません。AV評論家の藤原陽祐さんは、次のように語ります。

 

「一部の最新モデルを除き、現行の4Kテレビは新4K衛星放送を受信するチューナーを内蔵していないため、視聴には別体の専用チューナーを接続する必要があります。別体チューナーは、テレビメーカーやアンテナメーカー、周辺機器メーカーなどから発売予定。現在パラボラアンテナでBS/110度CS放送を受信しているなら、そのアンテナにチューナーをつなぐだけで新4K衛星放送を視聴できるようになります(※)。また、今秋には三菱電機と東芝から新4K衛星放送チューナー内蔵モデルが登場。別体モデルに比べるとやや高価ですが、より手軽に新4K放送を楽しめるのはメリットです」

 

※:現行のBS放送をアンテナで受信して視聴できる場合は、4Kテレビに新4K衛星放送チューナーを接続するだけでNHKと民放キー局系のBS4K放送(右旋放送)視聴が可能

 

【その1】

新4K衛星放送やUHD BDの視聴をスタンドアローンで実現

三菱電機

REAL 4K LCD-A58RA1000

予想実売価格36万7070円 10月18日発売予定

2基の新4K衛星放送対応チューナーに加え、2TB HDD、UHD BDの再生に対応するディスクドライブを内蔵。本機1台で新4K衛星放送の視聴・録画(※1)が行えます。内蔵HDDに録画した新4K衛星放送の番組はBDにダビングすることも可能(※2)。

SPEC●画面サイズ:58V型(50V、40V型もあり)●バックライト方式:エッジ型●4Kチューナー:BS/CS 4K×2●接続端子:USB×2、LAN×1ほか●消費電力:174W●サイズ/質量:W1302×H897×D382㎜/33.2㎏

※1:2番組同時録画は不可

※2:新4K衛星放送を4K画質のままBDへダビングできません。ダビング前にハイビジョン画質への変換(録画モードの変換)を行います

 

↑「Quick Go」ボタンを押すと、テレビを視聴しながら番組検索などが行えます。全体がシートに覆われており、濡れたり汚れたりしてもひと拭きでキレイに

 

<JUDGEMENT>

4Kコンテンツ視聴:☆×4.5

新4K衛星放送だけでなくUHD BDも見られる

新4K衛星放送に加え、UHD BDを単体で視聴できる唯一のテレビ。4KのネットコンテンツはYouTubeのみと、やや物足りなさを感じます。

 

録画性能:☆×4

内蔵HDDに4K番組を最大約126時間録画

2TBの内蔵HDDには新4K衛星放送を最大約126時間録画でき、HD放送ならBDへ直接録画も行えます。HD番組は自動録画することも可能。

 

使い勝手:☆×3.5

リモコン操作で画面向きを手軽に調整できる

リモコン操作で画面を見やすい角度に調節できます。可動域は左右約40°で、部屋のどこにいてもベストポジションで視聴可能です。

 

音質:☆×4

クリアで臨場感のある高音を再生する独自スピーカーを搭載

同社独自のDIATONE NCVスピーカーを正面に配置。2WAY4スピーカーのすべてにNCV振動板を使用し、臨場感のある高音再生が行えます。

 

<総評>

1台で4Kを満喫できるオールインワンモデル

新4K衛星放送チューナー2基に加え、録画用HDD、UHD BDドライブを搭載する“全部入り”。画質と音質はバランス重視で無難な仕上がりながら、4Kコンテンツを楽しむための機能・装備の充実度は随一です。

 

【その2】

4Kの映像美を最大限に引き出す液晶ハイエンドモデル

東芝

レグザ 55Z720X

実売価格25万9070円

液晶レグザの旗艦モデル。新4K衛星放送チューナーとスカパー!プレミアムサービスチューナーを内蔵するほか、5つの4K VODに対応し、多彩な4Kコンテンツを楽しめます。独自に磨き上げた高画質エンジンが、4K映像のクオリティを最大限に引き出します。

SPEC●画面サイズ:55V型(49V型もあり)●バックライト方式:直下型LED部分制御●4Kチューナー:BS/110度CS 4K×1、スカパー!プレミアムサービス×1●接続端子:USB×4ほか●消費電力:259W●サイズ/質量:W1242×H769×D189㎜/19.5㎏

 

↑新4K衛星放送の専用ボタンを左上に搭載。周辺に「スカパー!」や「地デジ」などのボタンが集約され、放送の切り替えが片手でスムーズに行えます

 

<JUDGEMENT>

4Kコンテンツ視聴:☆×4

新4K衛星放送チューナーは1基だがネット動画が充実

新4K衛星放送のチューナーは1基ですが、スカパー!プレミアムサービスチューナーを搭載。NetflixやdTVなど、4K対応のVODコンテンツも充実します。

 

録画性能:☆×4.5

地デジ放送の全録に対応し4K番組の録画も可能

外付けHDDに地デジ放送を最大6チャンネル約80時間(5TB HDD)ぶん録画できます。4K番組の録画も可能で、番組表から録画予約も行えます。

 

使い勝手:☆×4

多数の録画コンテンツから見たい番組を探せる

「ざんまいスマートアクセス」に対応。全録した番組から、視聴中の番組などに関連する番組を自動選択し、ボタンひと押しで再生できます。

 

音質:☆×4

鮮烈でクリアな重低音を鳴らす独自システムを採用

4.1chマルチアンプ駆動の「重低音バズーカオーディオシステム PRO」を採用。迫力ある重低音とクリアな中高音を鳴らし、臨場感たっぷりです。

 

<総評>

明るいリビングでも輝きと鮮やかな色彩が表現できる

新採用のIPSパネルにより明部のコントラストが向上し、明るいリビングでも輝きと鮮やかな色彩が表現可能に。映像を自動判別して超解像処理を行う映像エンジンが、地デジ放送も高画質に描き出します。

【関連記事】
格安4Kテレビを「4Kチューナー内蔵テレビ並」にするにはいくらかかる?必要なアイテムまとめ

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  3. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  4. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

  5. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです