メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・神戸空港

代替措置11日で終了 関空復旧急ピッチ

 台風21号で被災した関西国際空港の代替として大阪(伊丹)空港、神戸空港で国際線・国内線の乗り入れを特例として認める措置が11日で終わることが関係者への取材で分かった。今月中旬に日本航空が伊丹での発着を予定していた香港往復の国際線も関空発着へと変更される。

 関空の復旧が急ピッチで進み、旅客施設が支障なく運用されていることや、旅客便の便数もほぼ通常通りに戻ったためとみられる。

 関空は9月4日に高潮で滑走路や旅客施設の地下が浸水して一時閉鎖し、大幅な減便を強いられた。このため…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです