メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書改ざん

自殺の近畿財務局職員の父との主な一問一答

財務省=東京都千代田区で、小林祥晃撮影

 学校法人「森友学園」への国有地売却にかかわる部署に所属し、今年3月に自殺した財務省近畿財務局職員の男性(54)の父親(83)=岡山県=が毎日新聞の取材に応じた。男性の父親との主な一問一答は次の通り。

--亡くなったことをどのような経緯で知ったのですか。

 ◆3月7日、息子の妻から「夫が病院へ行っている」と電話があった。その時は、まだ息があるんだろうと思っていた。親族の車に乗って息子の家へ行ったが、「すぐには会えない。病院から連絡があるまで待って」と言われ、その日は息子の家に泊まった。翌日、病院から連絡があり、対面した。息子は移動式のベッドの上に寝かされていて、眠っているかのような表情だった。その時、亡くなっていることが初めて分かった。

この記事は有料記事です。

残り1051文字(全文1371文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
  2. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  5. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです