メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国会改革

「山を動かす」小泉氏ら自民党若手議員が座談会

 先の通常国会では森友学園や加計学園問題の一方で、国会の政策論議を深める仕組み作りを目指す機運も高まった。臨時国会を前に、国会改革に取り組んできた「2020年以降の経済社会構想会議」の自民党若手議員4人に聞いた。【司会は政治部長・佐藤千矢子】

議論がフェアに進んでいるかどうかに関心…加藤氏

 --なぜ国会改革に取り組もうと思ったのでしょうか。

 村井英樹氏 平成の時代は小選挙区制度の導入や内閣機能の強化があって、官邸主導の仕組みが定着してきた。しかし国会の側の改革は残されている。

この記事は有料記事です。

残り1642文字(全文1881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです