メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国会改革

「山を動かす」小泉氏ら自民党若手議員が座談会

 先の通常国会では森友学園や加計学園問題の一方で、国会の政策論議を深める仕組み作りを目指す機運も高まった。臨時国会を前に、国会改革に取り組んできた「2020年以降の経済社会構想会議」の自民党若手議員4人に聞いた。【司会は政治部長・佐藤千矢子】

議論がフェアに進んでいるかどうかに関心…加藤氏

 --なぜ国会改革に取り組もうと思ったのでしょうか。

 村井英樹氏 平成の時代は小選挙区制度の導入や内閣機能の強化があって、官邸主導の仕組みが定着してきた…

この記事は有料記事です。

残り1661文字(全文1881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです