メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新在留資格

送還拒否の一部の国を除外 法務省方針

法務省=東京都千代田区で、石井諭撮影

 政府が来春の導入を目指す外国人労働者受け入れ拡大のための新たな在留資格で、法務省は出入国管理業務上の支障があると判断した国からの受け入れに制約を設ける方針を決めた。(1)日本から強制退去となった外国人の身柄を引き取らない国からは受け入れない(2)乱用的な難民認定申請や不法滞在者が多い国は在留資格付与を厳重に審査する--方向で検討している。

 法務省入国管理局によると、不法滞在や刑事事件で有罪が確定するなどして強制退去を命じられた外国人を収…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文999文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療用麻薬乱用容疑、40代女性医師が死亡 仙台中央署が書類送検へ
  2. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  3. 尼崎脱線 母、犠牲者碑に「遼太」を 3年半後命絶つ
  4. JR福知山線脱線 遼太も事故の犠牲者 PTSDで失った命 母・岸本早苗さん、震災「遠因」刻む碑訪ね /兵庫
  5. 福岡 軽トラでドリフト 道交法違反容疑で書類送検 田川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです