メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

「経済成長と環境保護」両立訴え 経済学賞

 【ロンドン三沢耕平】スウェーデン王立科学アカデミーは8日、気候変動やイノベーション(技術革新)が経済成長に与える影響を分析した米国の経済学者2人に2018年のノーベル経済学賞を授与すると発表した。期待された日本人の初受賞はならなかった。

 受賞したのは、ウィリアム・ノードハウス米エール大教授(77)とポール・ローマー米ニューヨーク大教授(62)の2人。アカデミーは授賞理由について「持続可能性のある経済成長をどう創造していくかという現代社会の最も基本的かつ切迫した問題に取り組んだ」と説明した。

 ノードハウス氏は経済活動と環境の関係を研究する環境経済学の第一人者で、二酸化炭素(CO2)の排出量…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです