特集

ノーベル賞

ノーベル賞に関する特集ページです。

特集一覧

ノーベル賞

「経済成長と環境保護」両立訴え 経済学賞

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ロンドン三沢耕平】スウェーデン王立科学アカデミーは8日、気候変動やイノベーション(技術革新)が経済成長に与える影響を分析した米国の経済学者2人に2018年のノーベル経済学賞を授与すると発表した。期待された日本人の初受賞はならなかった。

 受賞したのは、ウィリアム・ノードハウス米エール大教授(77)とポール・ローマー米ニューヨーク大教授(62)の2人。アカデミーは授賞理由について「持続可能性のある経済成長をどう創造していくかという現代社会の最も基本的かつ切迫した問題に取り組んだ」と説明した。

 ノードハウス氏は経済活動と環境の関係を研究する環境経済学の第一人者で、二酸化炭素(CO2)の排出量に応じて企業に課税する「炭素税」の提唱者としても知られる。地球温暖化などの気候変動が経済成長に与える影響を定量的に分析する新しいモデルを確立したことが評価された。地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から米国が離脱を表明する中、同氏の理論は気候変動の対策を議論する国際交渉の場で改めて注目を集めること…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文695文字)

あわせて読みたい

注目の特集