メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経団連

就活指針廃止を正式決定 21年春入社から

新卒の採用活動、こう変わる

 経団連は9日、正副会長会議を開き、これまで会員企業向けに示してきた会社説明会や面接の解禁時期などを定めた採用指針(就職・採用活動のルール)について、2021年春入社の大学生(現在の2年生)から廃止することを正式に決めた。20年春入社までは現行の採用指針を適用する。1953年に始まった「就職協定」以来の新卒採用活動の「目安」はいったん廃止され、今後は政府主導で新たなルールを検討する。政府は21年春入社の新卒者については、混乱を避けるため、現行ルールを実質的に維持する方針だ。

 中西宏明会長は正副会長会議後の記者会見で「ルールを作って徹底させるのは経団連の役割ではない」と廃止…

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文842文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  3. 辺野古土砂投入 沖縄知事、猛反発「法治国家としてあるまじき行為」
  4. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  5. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです