全銀協

24時間振り込み稼働 キャッシュレス化見据え

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
24時間365日振り込み可能な新システムの稼働を記念してテープカットする全国銀行協会の幹部ら=東京都千代田区で2018年10月9日、土屋渓撮影
24時間365日振り込み可能な新システムの稼働を記念してテープカットする全国銀行協会の幹部ら=東京都千代田区で2018年10月9日、土屋渓撮影

 全国銀行協会(全銀協)は9日、24時間365日いつでも他行の口座にお金を振り込める新システムを稼働させた。当日振り込みはこれまで平日の日中に限られていた。全銀行の7割超が参加。半数以上の銀行で土日も含めて終日、即時送金が可能になる。金融業界は決済のキャッシュレス化の促進にもつながると期待している。

 銀行間の振り込みは、全銀協が運営する「全銀システム」を使って行われている。これまでの稼働時間は平日午前8時半~午後3時半で、午後3時以降や土日祝日の振り込みは翌営業日にならないと相手口座に届かなかった。

 全銀システムを利用する1275の金融機関のうち、農林中金などを除く約500の銀行や信用金庫などが新システムに参加した。このうちメガバンクや地銀など64行は9日から24時間365日対応する。ほかの金融機関は土日も含めて午前9時から夜間まで対応時間を拡大。みずほ銀行は自行のシステム更新が完了する来年以降に参加する。

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文1127文字)

あわせて読みたい

注目の特集