メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近畿地方整備局

工事単価の更新ミス 別業者受注の可能性

 国土交通省近畿地方整備局が6月に入札をした2件の工事について、工事単価の更新ミスがあり、実際の調査基準価格(入札後に公表)を下回って応札した業者と契約を結んでいたことが分かった。応札額が同価格を下回ると失格になるケースが多く、別の業者が工事を受注していた可能性がある。

     国の工事の入札で設定される調査基準価格は、地方自治体の工事でみられる最低制限価格に似ている。ただ国の場合は、応札額が下回ってもすぐに失格とならず、詳細な調査を経て請負能力を確認する。業者は多くの追加資料などを提出しなければならず、失格となるケースが多い。

     2工事は「保田遊水地浄化施設撤去工事」(奈良県)、「新宮紀宝道路紀宝ランプ橋下部工事」(三重県)。実際の調査基準価格はそれぞれ2億3890万円、1億1994万円だったが、更新を誤って2億3854万円、1億1989万円と設定。落札額は2億3860万円、1億1990万円で、誤って更新された基準価格を上回っていたが、実際よりは低かった。

     同整備局の担当者が誤った材料費の単価データを基に工事積算システムを更新し、64件の工事の単価が間違っていた。受注業者が変わる可能性があったのは2件で、落札業者に問題があった場合は入札をやり直す方針。【久保聡】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
    2. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声
    3. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
    4. サッカー日本代表 南野先制 大迫は勝ち越し弾 
    5. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです