メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近畿地方整備局

工事単価の更新ミス 別業者受注の可能性

 国土交通省近畿地方整備局が6月に入札をした2件の工事について、工事単価の更新ミスがあり、実際の調査基準価格(入札後に公表)を下回って応札した業者と契約を結んでいたことが分かった。応札額が同価格を下回ると失格になるケースが多く、別の業者が工事を受注していた可能性がある。

 国の工事の入札で設定される調査基準価格は、地方自治体の工事でみられる最低制限価格に似ている。ただ国の場合は、応札額が下回ってもすぐに失格とならず、詳細な調査…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  3. 辺野古土砂投入 沖縄知事、猛反発「法治国家としてあるまじき行為」
  4. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  5. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです