メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜県

豚コレラ、「移動制限区域」解除へ 終息は困難

 岐阜市の養豚場で国内では26年ぶりの豚コレラウイルスが検出された問題で、岐阜県は10日午前0時、養豚場から半径3キロ圏内に設定していた豚や豚肉の場外運搬を禁じる「移動制限区域」を解除した。感染確定から1カ月が経過したが、野生イノシシの感染は止まらず、県による実質的な「終息宣言」は依然として難しい状況だ。

     養豚場での感染は9月9日に確定。県は国の指針に基づき、殺処分や埋設など防疫措置を56時間で完了させた。同29日に半径10キロ圏内の「搬出制限区域」を解除。その後も養豚場に異常は見られず、今回の「移動制限区域」の解除と、残る消毒ポイント1カ所の閉鎖を決めた。

     ただ、古田肇知事が「反省すべき課題があった」と認めるように県の初動対応は遅れた。県は8月下旬の段階で養豚場の異変に気付きながらも「熱中症」と判断。豚コレラを視野に入れた感染症の検査を実施せず、把握が遅れた。

     発生源を特定するための国の検討会は「遅くとも8月上旬には発生養豚場にウイルスが侵入していたと考えられる」との認識で、野生イノシシよりも「豚の感染が先」との見方を示す。また、ウイルスは海外から侵入した可能性が高いとするものの、感染ルートの特定には至っていない。

     一方、野生イノシシの感染は9日現在で19頭に上る。9月14日に1頭目の感染が確認されて以降、歯止めが掛からない状況だ。いずれも養豚場から10キロ圏内で死んでいるのが見つかったり、調査捕獲したりした野生イノシシで、県は侵入防止のため養豚場に電気柵を貸し出すなどしている。【岡正勝】

    豚コレラの発生経緯

    8月上旬  岐阜市の養豚場にウイルス侵入の疑い

    8月24日  県が衰弱豚を「熱中症」と診断。豚コレラ検査は未実施

    9月3~7日養豚場で豚約80頭が死ぬ

    9月9日  国の検査で豚コレラ感染が確定

    9月14日  岐阜市で初の野生イノシシの感染が判明

    9月29日  半径10キロ圏内の「搬出制限区域」を解除

    10月9日  野生イノシシの感染計19頭に

    10月10日  半径3キロ圏内の「移動制限区域」を解除

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
    2. 新聞協会 74紙に全面広告 Koki,さんがメッセージ
    3. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
    4. オセロ 世界一に11歳の福地さん 歴代最年少
    5. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです