メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IPCC

1.5度上昇でサンゴ7割が死滅 特別報告書

上空から見たツバル。地球温暖化による海面上昇で国土が水没する恐れがある=2008年3月7日、田中泰義撮影

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は8日、地球温暖化の影響で早ければ2030年にも産業革命前からの平均気温上昇が1.5度に達し、サンゴの大部分が死滅するなど地球環境の急速な悪化を予測した特別報告書を公表した。温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」で目標とした2度上昇に比べ、海面上昇のリスクにさらされる人々を1000万人ほど減らせるなど、気温上昇を1.5度に抑えることの重要性を示した。

 IPCCの第5次評価報告書などによると、化石燃料を燃やすなど人為的な温室効果ガス排出などによって、…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文926文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです