メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

停電で食品廃棄 コープさっぽろ賠償請求せず

[PR]

 北海道胆振(いぶり)東部地震による停電で食品廃棄の被害が出たとして、北海道電力への損害賠償請求を検討していた札幌市の生活協同組合コープさっぽろは賠償請求をしないことを決めた。

     コープによると、停電で冷蔵・冷凍設備が停止し、廃棄した食品の損害額は計約9億6000万円に上る。コープ幹部は7日、取材に対し賠償請求を検討する考えを示し、電力の一極集中に問題提起したいとしていた。

     ただ、毎日新聞など各社が報道するとコープへの批判も相次ぎ、コープは8日、ホームページで組合員らに心配と疑念をかけたとして謝罪。賠償請求をしない方針を示した上で「ブラックアウトの原因と責任の所在を明確にすべきだ。今後の再発防止対策を問いたい」などとコメントした。【野原寛史】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

    2. 高校野球 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

    3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

    4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

    5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです