メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
「新潮45」問題を考える

新潮社のツイート「中の人」はよくやった 浅生鴨さん

作家の浅生鴨さん=東京都港区で2018年10月1日、大村健一撮影

 <良心に背く出版は、殺されてもせぬ事(佐藤義亮)>。杉田水脈衆院議員の寄稿を擁護した「新潮45」10月号の特集が問題化していた9月19日、新潮社の公式アカウントの一つ「新潮社出版部文芸」(@Shincho_Bungei)が創業者の言葉をツイッターに投稿した。「社内造反か?」「がんばれ」などと反響が広がり、別の出版社のアカウントや作家らがこれを応援する異例の展開となった。NHK広報局(@NHK_PR)アカウントの初代担当者として60万人以上のフォロワーを集め、その後、作家となった浅生鴨(あそう・かも)さんが「中の人」の苦悩をおもんぱかった。【大村健一/統合デジタル取材センター】

 「新潮社出版部文芸」のアカウントを担当している方は、相当につらく、苦しかったでしょう。普通の方が思…

この記事は有料記事です。

残り3200文字(全文3542文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです