メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ大会

2018・ジャカルタ 「お掃除」海を越え 日本人ら始めた活動定着

歩行者天国でごみを拾う「ジャカルタお掃除クラブ」のメ ンバー=7日、成田有佳撮影

 【ジャカルタ成田有佳】アジアパラ大会の開催都市・ジャカルタを清掃ボランティア「ジャカルタお掃除クラブ」が陰で支えている。6年前に日本人らが始めた活動が地元の人たちに引き継がれて定着した。2年後に開かれる東京五輪・パラリンピックの関係者も「東京でも多くの人に大会を支えてほしい」と市民の活動に期待する。

 アジアパラ大会の主会場・ブンカルノ競技場に続く目抜き通り。日曜日だった7日、「歩行者天国」を15人…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文432文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり 強固な犯意「常軌逸している」 懲役18年判決
  5. 東名あおり事故 遺族「なぜあの場所に停車させたか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです