メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

平家女護島 芝翫の俊寛に生々しさ=評・小玉祥子

 近松門左衛門作の浄瑠璃の歌舞伎化。平家打倒の陰謀が露見し、島流しにされた僧俊寛を中心にした場面を三幕仕立てで上演。芝翫が平清盛と俊寛の2役を演じている。国立劇場文芸研究会補綴(ほてつ)。

 序幕が「六波羅清盛館」。罪人となった俊寛の妻東屋(あずまや)(孝太郎)が捕らえられ、清盛の前に引き出される。東屋の美しさにひかれた清盛は自分に従うように命じるが、東屋は拒み、自ら命を絶つ。

 孝太郎が東屋の俊寛を思っての毅然(きぜん)とした態度を示し、芝翫が権力者の傲慢を表現。橋之助が平家方ながら清盛をいさめる教経で成長ぶりを感じさせた。

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  2. 男性を刺し殺そうとした疑い 元交際相手と父親を逮捕 父は自ら首切り死亡 宮城

  3. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  4. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  5. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです