メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

50代3人のラブコメディー「男の純情」 心の奥、無垢すぎ

(前列右から時計回りに)演出の小笠原響、宇梶剛士、山崎銀之丞、市川猿弥

 恋する50代の男性3人を描いたコメディー「男の純情」(水谷龍二作、小笠原響演出)が25日から東京・新宿の紀伊国屋ホールで上演される。恋する男たちを、宇梶剛士、山崎銀之丞、歌舞伎俳優の市川猿弥と、異なるタイプの役者3人が演じる。

 舞台は東京・自由が丘辺りのデザイナーズマンション。胸を躍らせながら若い恋人を訪ねた3人の男は思いもよらない人たちと出くわすことになる--。

 作品の第一印象について、山崎は「もうすぐ初老の準備に入る男たちが丁々発止にぶつかり合っている姿が滑…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです