メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

ダンスユニット「オプト」 新たな「光」生み出す 埼玉、愛知の劇場に進出

左から小尻健太、渡辺レイ、湯浅永麻

 ダンス界の最先端を走るユニット「Opto(オプト)」が結成7年目の今冬、埼玉と愛知の公設劇場に進出する。メンバーは、巨匠イリ・キリアンの率いるネザーランド・ダンス・シアター出身という共通項をもつ渡辺レイ、小〓(こじり)健太、湯浅永麻(えま)。おのおのがダンサーとして振付家として独自の活動を展開しつつ、折に触れて結集している。「同じルーツをもつ3人が、それぞれの新しい経験をもって立ち返る場」だ。オプトとは「光」の意。「人体から光を放ち、さまざまな表現の可能性を示したい」との思いを込めた。今回の舞台は新作2作、再演2作で構成。新たな会場で「まだ見たことのない光」を生み出そうとしている。

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1213文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 情熱大陸 「全裸監督」でブレーク 女優・森田望智に完全密着 体当たり演技で注目を浴びたヒロインの素顔に迫る

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  4. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  5. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです