メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VMAT

災害、動物医療隊も出動 福岡、群馬、大阪、続々設立

犬の診察をする大阪府獣医師会の佐伯潤会長=大阪府和泉市で、芝村侑美撮影

 大規模災害の現場で動物の救護にあたる獣医師らの「災害派遣獣医療チーム」(VMAT)が注目されている。近畿で唯一、2017年に結成された大阪VMATは、6月の大阪北部地震が初の実践の場で、情報収集活動を行った。結成後、現場での救護はまだないが、人命救助を妨げない範囲で動物の命を救う最後のとりでとして訓練に励む。【芝村侑美】

 VMATは、災害直後に被災者救助に取り組む災害派遣医療チーム「DMAT」の動物版で、13年に福岡県で初めて設立された。大阪は群馬県に次ぐ全国3番目に結成。関係者によると、他に九州各県や愛知県など少なくとも全国5県で設立準備が進められている。

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1122文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. コロナ交付金で「感染差別根絶の鐘」はあり? 佐賀県議会で激論に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです