メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VMAT

災害、動物医療隊も出動 福岡、群馬、大阪、続々設立

犬の診察をする大阪府獣医師会の佐伯潤会長=大阪府和泉市で、芝村侑美撮影

 大規模災害の現場で動物の救護にあたる獣医師らの「災害派遣獣医療チーム」(VMAT)が注目されている。近畿で唯一、2017年に結成された大阪VMATは、6月の大阪北部地震が初の実践の場で、情報収集活動を行った。結成後、現場での救護はまだないが、人命救助を妨げない範囲で動物の命を救う最後のとりでとして訓練に励む。【芝村侑美】

 VMATは、災害直後に被災者救助に取り組む災害派遣医療チーム「DMAT」の動物版で、13年に福岡県で初めて設立された。大阪は群馬県に次ぐ全国3番目に結成。関係者によると、他に九州各県や愛知県など少なくとも全国5県で設立準備が進められている。

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1122文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです