メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

記者不明 米に婚約者招待、トランプ氏意向

 【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領は10日、2日にトルコのサウジアラビア領事館を訪問して以後、行方不明になっているサウジの反体制派ジャーナリストの婚約者をホワイトハウスに招く考えを表明した。トランプ氏は「非常に悲しく悪い状況だ。深刻な事態だ」と述べ、強い関心を持って事態の進展を見守っているとの考えを示した。

 またサンダース大統領報道官は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)とクシュナー大統領上級顧問がサウジのムハンマド皇太子と9日に電話協議したと発表した。

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. センチュリーなど1000万円超高級車、12県が所有 山口は2000万円現行モデル

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです