メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松くい虫

南部で初確認 県議会が現地調査 被害拡大を警戒 /青森

 南部町小向地区のアカマツに「松くい虫」の被害が確認され、県議会農林水産委員会は10日、現地調査を実施した。県南地域での被害は初めて。この地域は建築材やリンゴの木箱などに使われるアカマツの有数の産地のため、県は被害の拡大に警戒を強めている。

 県によると、松くい虫はマツノマダラカミキリを媒介とする線虫「マツノザイセンチュウ」で、木の中に入り込んで増殖し、水の流れを妨げることでマツを枯らすという。

 9月に同地区のアカマツ2本が枯れているのを防除監視員が発見。森林総合研究所東北支所(盛岡市)で鑑定…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです