メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森県史の玉手箱

通史編を読む/19 幕末期の種痘 医師らの努力で普及 /青森

 古来、人々を悩ませ続けた疾病の一つに天然痘(疱瘡(ほうそう))があった。天然痘ウイルスによるこの感染症は、一度かかると終生免疫がつくが、致死率も高く、さらに治癒後も失明や「あばた」が残るなどの後遺症が見られた。

 この恐ろしい病を予防する方法として発明されたのが種痘である。1798年、イギリス人医師、ジェンナーによる牛痘種痘法の発見は世界に驚きをもって迎えられた。それまで行われていた人痘種痘法よりも確実に予防が可能なこの方法は、すぐさま世界中に伝播(でんぱ)し、日本にも長崎に滞在していたオランダ商館長から情報が伝えられた。

 さらに、ロシア経由でも種痘の方法が伝えられた。1807(文化4)年にロシア人が択捉島を襲撃した際に…

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1183文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです