メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

塩害

秋の行楽に暗雲 モミジ落葉、イチョウ変色、コスモス枯死…… /千葉

 台風24号による塩害が、秋の景観を売りにする県内の観光地に影を落としている。紅葉のピークを前に落葉した木々や、見ごろの最中に枯死した花もあり、関係者からは秋本番に向けて集客への影響を心配する声が漏れる。【斎藤文太郎】

 「関東一遅い紅葉」をうたい、秋には紅葉目当てのたくさんの観光客が訪れる養老渓谷(市原市、大多喜町)。養老渓谷観光協会の担当者によると、市原市街地と渓谷を結ぶ小湊鉄道の上総大久保駅や上総久保駅の周辺にあるイチョウは写真撮影のスポットとして人気だが、台風の通過後は海側の葉が散ったり、枯れたように変色したりしているという。

 渓谷沿いのモミジも例年なら緑色の葉を付けるころだが、一部は木に付いたまま茶色に変わった。紅葉の見ご…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文1003文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 18メートルの動く実物大ガンダム 10月1日横浜に立つ 山下ふ頭で1年間

  2. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 高速道路で可搬式オービス運用 四国初 愛媛県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです