メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

千葉・柏 マコモ 甘くてシャキシャキ シニアら栽培、新名物に /東京

 千葉県柏市の手賀沼のほとりに、人の背丈を超えるイネ科の植物が広がる。食用の「マコモ」である。茎の根元部の白い可食部は「マコモタケ」と呼ばれ、ほんのり甘くシャキシャした食感だ。シニア世代と地元農家が手作業で栽培し、柏の名産にもしたいという。【尾崎修二】

 「立派に育ったなあ」

 「こっちにまだあるよ」

 9月下旬の週末、手賀沼に近いマコモ田にシニア世代の声が響く。収穫の最盛期が近づいている。犬の散歩やジョギングで手賀沼畔を歩く市民も珍しそうに足を止める。

 マコモは漢字で「真菰」と書く。東南アジアに広く分布する多年草だ。日本でも自生し、古来神事に供えられ…

この記事は有料記事です。

残り1153文字(全文1429文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです