メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

千葉・柏 マコモ 甘くてシャキシャキ シニアら栽培、新名物に /東京

 千葉県柏市の手賀沼のほとりに、人の背丈を超えるイネ科の植物が広がる。食用の「マコモ」である。茎の根元部の白い可食部は「マコモタケ」と呼ばれ、ほんのり甘くシャキシャした食感だ。シニア世代と地元農家が手作業で栽培し、柏の名産にもしたいという。【尾崎修二】

 「立派に育ったなあ」

 「こっちにまだあるよ」

 9月下旬の週末、手賀沼に近いマコモ田にシニア世代の声が響く。収穫の最盛期が近づいている。犬の散歩やジョギングで手賀沼畔を歩く市民も珍しそうに足を止める。

 マコモは漢字で「真菰」と書く。東南アジアに広く分布する多年草だ。日本でも自生し、古来神事に供えられ…

この記事は有料記事です。

残り1153文字(全文1429文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです